東海大学付属第四高等学校・男子バレーボール部


東海大学付属第四高等学校・男子バレーボール部

『粘りのあるバレー』+『一人一人の意識』+『勝ちへの執着心』+『組織力』+『対応力』を心得、全国制覇を目標に日々工夫し活動している、東海大学付属第四高等学校 男子バレーボール部 。今回は部を代表して、キャプテン・柳町逸太くん(高3)、藤村翔也くん(高3)、戸田拓也くん(高3)、小山敦己くん(高3)、大竹優稀くん(高3)、古川 慎くん(高2)、外崎航平くん(高2)に、バレーボールを始めたきっかけや、東海大四高校 男子バレー部の魅力についてお話をうかがいました。

バレーが大好きな38人の仲間とともに

──── バレーボールを始めたきっかけを教えてください。
古川 慎くん 中学1年生の時までは野球部だったのですけど、中2の体育の授業でのバレーボールで、たまたまアタックを止めた時、バレー部の先生から誘われた事がきっかけです。
──── 東海大四高校・男子バレー部の魅力を教えてください。
柳町逸太くん 部員が38人ととても多く、部員一人一人の個性が豊で、オンオフの切り替えが上手に活動できるところです。
──── ライバルというか、意識している高校はありますか。
大竹優稀くん 全国大会出場と全国制覇を目標に活動しているので、全国大会に出場している全てのチームがライバルです。今年も、粘り強いレシーブと、しっかり相手のスパイクをブロックして、東海大四らしい組み立てた攻撃パターンで勝利を目指します!
──── 今までの部活動の中で、自分が超えた瞬間はありますか。
小山敦己くん 学校の周りや山など、夏場の外での走り込み練習を乗り越えた事で、試合の苦しい場面で気持ちが切れなくなりました。
──── 今までで一番感動した部活の思い出は。
外崎航平くん 春高バレーと国体の北海道予選で、チーム一丸となって優勝できた事です! 特に決勝戦ではフルセットでデュースの末、勝利した時はとても感動しました。
──── 今までで一番楽しかった部活の思い出は何ですか。
大竹優稀くん 38人部員全員の気持ちが一つになって大会を勝ち抜いている時が一番楽しいです! そしてバレーボールが大好きな先輩後輩同級生と、バレーについて話し合いが出来る事です。
──── 部活と勉強を上手に両立する方法はありますか。
藤村翔也くん 練習後、寮に帰ってから自分の自由な時間を多く作って、その中で余裕があった時に勉強するようにしています。将来は救急救命士を目指しているので、特に理科の勉強が大好きです。
──── 尊敬するアスリート、有名人はいますか。
戸田拓也くん 東海大四のOBでもある、JTサンダーズの塚崎祐平選手です。迫力のあるスパイクを打つので、目標にして練習しています。
──── オフの日は何をしていますか。
柳町逸太くん オフの日は気分転換で、ダーツをやっています。
──── 最後に今後の目標と将来の夢を教えて下さい。
柳町逸太くん チーム目標は、日本一です。個人的な将来の夢は、警察官になって犯罪を減らす事です。