札幌山の手高等学校・ラグビー部


札幌山の手高等学校・ラグビー部

打倒シード校を目標に、14年連続14回の花園出場を果たす、札幌山の手高等学校 ラグビー部。今回は、キャプテン・木津谷元気くん(高3)、四辻圭祐くん(高3)、佐藤陽弘くん(高3)、本間憧唯くん(高3)、岡田拓未くん(高3)、内海圭二くん(高3)、モリキ・リードくん(高2)、伊藤鐘平くん(高2)に、ラグビーを始めたきっかけや、札幌山の手高校 ラグビー部の魅力や強さの秘訣ついてお話をうかがいました。

打倒シード校!

──── ラグビーを始めたきっかけを教えてください。
内海圭二くん 中学生の時に活動していた陸上部短距離とレスリング部で培った、スピードとタックルの能力をラグビーに活かしてみないかという、佐藤幹夫監督と両親の勧めで始めました。
──── 札幌山の手高校・ラグビー部の魅力を教えてください。
モリキ・リードくん ラグビーの本場、ニュージーランドから来た僕と一緒に活動できる事です(笑)!
──── ライバルというか、意識している高校はありますか。
佐藤陽弘くん 14年連続花園に出場し、まだ2回戦を突破することが出来ていないので、2回戦で戦う高校全てがライバルです。
──── 今までの部活動の中で、自分が超えた瞬間はありますか。
岡田拓未くん 8月のニセコ合宿での地獄の走り込み練習の時、キツさから気持ちよさに変わってきて、その感覚が試合中の体力的にキツい時に、まだイケル! という気持ちになれた事です。
──── 今までで一番感動した部活の思い出は何ですか。
四辻圭祐くん 同郷の先輩と一緒にプレーした最後の試合の時に、先輩から「一緒にがんばってくれてありがとう」と言われた事です。
──── 今までで一番楽しかった部活の思い出は何ですか。
伊藤鐘平くん 山の手に来た頃は、とまどいもあったのですが、先輩が優しく接してくれて、さらにハイレベルな試合ができるチームの一員としてプレーできる事がとても楽しいです!
──── 部活と勉強を上手に両立する方法はありますか。
内海圭二くん 部活で疲れても、気合で一日3時間の勉強です! 留学もしていたので得意な科目は英語で、好きな英単語はLOVEです。
──── 尊敬するアスリート、有名人はいますか。
木津谷元気くん 札幌山の手高校OBの、マイケル・リーチさんです。高校ジャパンにも選ばれて、今は日本代表のキャプテンも務めているので、とても尊敬しています。
──── オフの日は何をしていますか。
本間憧唯くん 彼女とのキレイな川を見ながらのデートです。彼女との日々はすべて良い思い出です(笑)。
──── 最後に今後の目標と将来の夢を教えて下さい。
木津谷元気くん チーム目標は、打倒シード校です。個人的な将来の夢は、大好きなラグビーにずっと携わって生きていく事。団体球技の中で一番多くの仲間と一緒に一つのボールをつなげられるから。