神奈川県立旭高等学校・女子バスケットボール部


神奈川県立旭高等学校・女子バスケットボール部

全国に通用する選手とチームになる事を目標に、今年5月に行なわれた関東大会県予選を二連覇した、神奈川県立旭高等学校 女子バスケットボール部。今回は部を代表して、キャプテン・金沢みどりさん(高3)、平 典紗さん(高3)、野上佳澄さん(高3)、春日イザベル瑠璃さん(高3)、高橋里穂さん(高2)、菊地真琴さん(高1)に、バスケットボールをはじめたきっかけや、楽しさについて、また、県立旭高校 女子バスケットボール部の強さの秘訣や魅力についてお話をうかがいました。

応援席とチームが一体になる旭の応援!

──── バスケットボールを始めたきっかけを教えてください。
金沢みどりさん 最初は姉がバスケを始めて、バスケシューズを買ってもらっているのを見て、うらやましくて私も始めたのがきっかけです。
──── 県立旭高校・女子バスケ部の魅力を教えてください。
春日イザベル瑠璃さん 試合の時の応援席との一体感です! 旭には色々な応援パターンがあるので、とても盛り上がります。特に、良いディフェンスをした時のドドスコスコスコは、魅力です(笑)。
──── ライバルというか、意識している高校はありますか。
高橋里穂さん 県立金沢総合高校です。県大会の決勝で毎回対戦する相手でもあるし、個人的にも、同じ中学校のバスケ部の友達が、そこでバスケをやっているからです。
──── 今までの部活動の中で、自分が超えた瞬間はありますか。
平 典紗さん 2年の春に行なわれた遠征です。一週間のロードで愛知、大阪の大会で連戦だったので、かなりハードでした。でも、それがきっかけで、過去の自分の限界を超えるようになりました。
──── 今までで一番感動した部活の思い出は何ですか。
野上佳澄さん インターハイに出場にした事です。先輩方が最後まであきらめないで戦っている姿を見て刺激を受け、自分ももっとがんばろう! って思えるようになりました。
──── 今までで一番楽しかった部活の思い出は何ですか。
高橋里穂さん 試合の時に自分がシュートを決めて、みんなが応援してくれた時です! 特に3ポイントシュートを決めた時の応援、「ぞっこんラブ」は最高です(笑)!!
──── 部活と勉強を上手に両立する方法はありますか。
菊地真琴さん 電車やバスの中で、口をゴモゴモしながら、英単語や漢字ドリルをやる事と、わからないところを残さない事です。
──── 尊敬するアスリート、有名人はいますか。
平 典紗さん 松岡修造さんです。何事にも全力でパワフルなところが大好きで、尊敬しています!
──── オフの日は何をしていますか。
春日イザベル瑠璃さん 横浜に出かけて買い物をしています。オンオフの切り替えを大切にしたいのですが、この前、結局オフの日にジョーダンのバスケシューズを買ってしまっていました(笑)。
──── 最後に今後の目標と将来の夢を教えて下さい。
金沢みどりさん 県で優勝して全国で勝ち上がっていく事が目標です。