日本大学第二高等学校・チアダンス部


日本大学第二高等学校・チアダンス部

観に来てくれた方々に感動していただくことを目標に日々練習に励む、日本大学第二高等学校 チアダンス部。今回は、部長・藤谷 華さん(高2)、高野彩夏さん(高2)、宮﨑玲奈さん(高2)、井上晃里さん(高2)、藤山夏樹さん(高2)、羽柴奏美さん(高2)、平塚 彩さん(高2)、山本優希さん(高2)、定井愛莉さん(高2)にチアダンスを始めたきっかけや楽しさ、そして日本大学第二高校 チアダンス部 ARCHERSの魅力についてお話をうかがいました。

ARCHERSファミリーで日本一のチーム

──── チアダンスを始めたきっかけを教えてください。
井上晃里さん 幼稚園の時から中学まで続けていたバレエや、よさこい鳴子踊りを活かしたいと思っていた時、ARCHERSの演技の映像をネットで見たのがきっかけで、チアダンスを始めました。
──── 日大二高・チアダンス部の魅力は。
定井愛莉さん ARCHERSファミリーとして、先輩後輩が姉妹のような関係で仲良く活動していく事を大切に活動しています。
──── ライバルというか、意識している高校はありますか。
羽柴奏美さん ARCHERSは、観に来てくれた方々に感動を伝える事を大切に活動しているので、ライバルはいません。
──── 今までの部活動の中で、自分を超えた瞬間はありますか。
藤山夏樹さん 夏の強化練習で、ラインダンスの足上げを先輩にマンツーマンで教えて頂いた事です。それまでは気ばかりが焦ってしまって上手に出来なかったのが、出来るようになった瞬間でした。
──── 今までで一番感動した部活の思い出は何ですか。
平塚 彩さん 大会の直前になると、完成度の低い技は演技構成から外されるのですが、私たち数人が担当していた技が無くなってしまって、でもチームとして頑張ろう! って励ましあった時、感動しました。
──── 今までで一番楽しかった部活の思い出は何ですか。
宮﨑玲奈さん 練習はいつもつらいのですが、夏合宿最終日のスイカ割りとか、 JCDAの大会後のクリスマスパーティーや、ARCHERS10周年記念パーティーでOGの方とお話しした事が楽しかったです!
──── 部活と勉強を上手に両立する方法はありますか。
山本優希さん 復習はその日のうちにやりたいので、自宅以外でもできる暗記系の勉強は通学時間を利用しています。将来は客室乗務員になるのが夢なので英語をがんばっています(笑)!
──── 尊敬するアスリート、有名人はいますか。
藤谷 華さん 私たちのコーチである、森 夕希子さんです。動きの一つ一つが美しくて、しなやかで、とてもキレイで、尊敬しています!
──── オフの日は何をしていますか。
高野彩夏さん 将来は服飾デザイナーになるのが夢なので、普段自分が着てみたい服のデザインを考えてみたりしています。
──── 最後に今後のチーム目標を教えて下さい。
藤谷 華さん 新チームになってまだ2ヶ月なので、夏の大会に向けてチームが一つになり、結果として日本一になれたら嬉しいです!