岐阜県立揖斐高等学校 フェンシング部

今年こそは

 

岐阜県内のフェンシング部には、オリンピック候補の選手や国際大会に出場している選手がたくさんいます。しかし、僕たちのフェンシング部には、スターとなる強い選手がいません。僕たち部員全員は高校からフェンシングを始めました。フェンシングの技量は他の学校には劣りますが、チームワークや部全体での結束力はどの学校にも負けない自信があります。

 5月中旬に行われたインターハイ予選では、あと一歩のところで東海大会に行けず、とても悔しい思いをしました。先輩達が叶えることができなかったインターハイ出場、そして全国制覇を目指して新チームを始動させました。新チームを始動させたばかりの頃は3年生の先輩方がいない新しい環境に戸惑うことが多く、本当にやっていけるのか、と不安ばかりでした。

しかし、上がいない今だからこそ自分たちの中で試行錯誤し自分たちらしいチームを作りあげることが出来ています。チームの意識改革、そして個人でも目標を立てそれを達成させる為にチーム一丸となり日々練習に励んでいます。

 今年こそは、インターハイ、全国高校選抜、国体に出て優勝したいです。そしていろいろな大会で輝かしい記録を残して、指導してくださる先生やOB,OGの先輩に恩返しをできるように頑張っていきたいです。

高橋和真(高校2年)