滋賀県立玉川高等学校 フェンシング部

一撃に青春を賭け

 

『 一撃に青春を賭け、玉高を轟かせる 』

 1年生8名の入部により、男子13名・女子10名、合計23名となり、日々の活動がますます活気づいてきました。

 「1分1秒を大切に無駄を省いてテキパキ動く」を信条に、インターハイ出場を目指して短時間集中型の練習を行なっています。
格闘場半面の練習スペースを工夫して活用、上級生と初心者でやりくりして無駄なく使っています。

 多数のインターハイ出場選手を輩出している県内屈指の本校フェンシング部に所属して、私たちの目標が1人でも多くの部員の全国大会出場にあることは言うに及びません。
私たちは「全力を出し切っての敗北ならば、そこから学ぶことが多くある」と考えますが、3年生にとっては最後の大会が近づいています。

 フェンシング部のある学校は滋賀県下に3校しかありませんが、互いに切磋琢磨し、高い理想を持って練習に励み、練り上げた技術と精神力を持って試合に臨んでいます。本校の部員一人ひとりのフェンシングに対する熱い思いはどの学校にも負けません。

 日々の練習の成果を発揮して、玉川高校の名を全国に轟かせます!

高田成希(高校3年)・河村太一(高校3年)