三重県立津東高等学校 フェンシング部

継続は力なり



 私は昨年のインターハイにマネージャーとして同行させてもらいました。
試合会場に入ると、全国大会独特の雰囲気にのまれてしまいそうでした。
しかし、来年この場所で選手としてプレーしたいと思いました。

 キャプテンになり大変なことやつらいことがたくさんありました。
後輩が入部してきてから気持ちが焦ることが多く、どんなに頑張って練習しても思うような結果が出ませんでした。
しかし、後輩たちはとても簡単に結果を出し、大きな大会に出場していきます。

自分には才能がないのか・・・
試合で実力が発揮できないのか・・・悔しくてしかたありませんでした。
しかし、先生や両親、友達に助けてもらい続けることができました。

 そして、とうとう3年生最後の夏がやってきました。
県総体で上位に入らなければインターハイ・東海総体には出場できません。いっそう練習に熱が入りました。
気持ちの面では絶対負けないようにし、相手にマッチポイントをとられていても粘りのプレーができ決勝まで進むことができました。

残念ながらずっと目標にしていたインターハイに行くことはできませんでしたが、東海総体出場の切符を手に入れました。練習してきたことはすぐには結果につながらなくても少しずつ力になっていったのだと思います。

「継続は力なり」

この言葉を信じてやってきてよかったと思いました。
この東海総体は私にとって引退試合になります。悔いの残らないよう精一杯頑張りたいです。

野口陽史(高校3年)