日本大学高等学校 アメリカンフットボール部

真のアメフト

 

『 真のアメリカンフットボール 』

 私は日本大学高等学校アメフト部に入って、アメフトの本当の魅力を知りました。

私は日大中学の時には、中学生のやるタッチフットボールというものを経験していましたが、その時は、高校のアメフトを見て「痛そうで、走り込みも辛そうで、高校では続けたくないなぁ」と少し思っていました。

しかし、高校に入ってみると、日大高校アメフト部は同じ神奈川の強豪校である法政二高、慶應高校を倒して日本一になるという目標に向かって、全員でキツい練習をやることに楽しさを覚えました。

そして私が思うアメフトの魅力というのは、個々の能力ではなく、全員のチームワークが試されること、また、毎プレー毎プレー相手の裏の裏をかいて、考えてやる心理戦であることだと思います。
また、自分はQBというポジションを背負っているので、相手の裏をかいてやるポジションである、アメフトの楽しさというものを特に感じています。

キツい練習をして、仲間と日本一を目指す。
これほど楽しいことは無いと思います。

中学の時とは違う、高校で行う「真のアメリカンフットボール」をやろうと思ってよかったと思います。

日大高校アメリカンフットボール部は、日本一を目指し、日々精進していきます。

徳島秀将(高校3年)