仙台育英学園高等学校 剣道部

失敗から学んだこと



 2年生の時、私は団体戦でインターハイに出場することができました。
先輩方と一緒に出ることのできる、最後の試合でした。
自分の実力の無さを実感して終わってしまいましたが、先輩方と出たインターハイはこれからの自分にかけがえのないものとなりました。

 そして、インターハイが終わると、先輩方は引退し、私達2年生がひっぱっていく立場に変わりました。
勝たなくてはいけないというプレッシャーや、どうやって皆をまとめていけばいいのか分からず、新チームになった当初は、全く勝つことができませんでした。

 それでも、3ヶ月経ち、自分たちのチームの形が定まってきたとき、全国選抜の県予選大会が始まりました。
結果は2位で、全国選抜への出場はできませんでしたが、東北大会への出場権を手にすることができました。

私たちは東北大会へ向けて、各地の試合や練習試合に参加させていただき、自分たちの経験を積んでいきました。

 そして迎えた東北大会。県予選のときよりも思い切った技を打つことができ、先鋒から大将までつないだ試合を心がけることで優勝できました。
この経験から、様々な失敗も自分たちの力に変えていけるということを学びました。

田邊 和(高校3年)