宮崎県立高千穂高等学校 剣道部

光と陰



私たち、高千穂高校剣道部は日本一を目指して毎日稽古に励んでいます。

3月に愛知県で開催された全国選抜高校剣道大会において3位に入賞しました。
インターハイでは必ず目標の日本一になろうと日々練習に励み、まずは県大会での優勝を目指しました。

最初は各自、目標にしいることが別で同じ方向に向いていませんでした。
目標をもう一度確認し、チーム全員で共有しました。

県大会では重圧の中、意地を出して精一杯試合をしました。
先にリードをされる試合もあり苦しい戦いでしたがなんとか優勝することができました。

この優勝の陰にはたくさんの人がいることを私たちは忘れてはいけないと思います。
毎日指導して下さっている先生方、たくさんの支援をして下さっている方々、そして何よりレギュラーになれなかった仲間達です。
メンバーでない三年生が中心となって一年生と二年生と一緒に雑用ともいえる仕事をしてくれました。
食事や宿泊先での準備やスポーツドリンクを作ってくれたり、選手が試合だけに集中できるように協力してくれました。
その支えがなければ優勝できなかったと思います。

裏の仕事は評価されず、評価されるのは表の部分だけですがその人達への感謝の気持ちを忘れないようにします。
「陰の仕事があるから表の舞台で光り輝くことができる」。
このことを忘れず目に見えない無形の力を大切にする人間になります。

藤田征也(高校3年生)