大分県立大分舞鶴高校 剣道部

目指せ!! 日本一!!



大分舞鶴高校は県内有数の進学校であり、文武両道をモットーにしている学校です。

そのため、平日の稽古時間は2時間という短い時間の中でやっていかなければなりません。
他の学校と比べれば、明らかに稽古時間は短いですが、個々人がその限られた時間の中で、どのように工夫して稽古をするか、また、どのようにして内容の濃い稽古にするかなどを意識して取り組んでいます。

私自身、この短い時間の稽古の中で特に意識していることは、最後の一本まで手を抜かないことです。
そうすることで、試合でここぞという場面に出くわした時、落ちついて冷静になり、相手から確実に一本を取れるからです。

部員一同「日本一」を目標にこれからも稽古頑張っていきたいです。

堀 駿希(高校2年)