山村学園高等学校 ラクロス部

Lacrosse Life

 

『 私たちのLacrosse Life 』

私たちラクロス部LIBERTYSは2年生3人、3年生12人という、他のチームから見ると半分くらいの人数で練習しています。

最初は一人一人のプレーががむしゃらで自分のことで精一杯になっていたので注意の仕方もきつく、思い通りに試合も進められず、夏の合宿の大会では1勝しかできませんでした。チームはばらばらの状態だったのです。

しかし、秋の大会の直前に顧問の先生にミーテイングの中で「お前らはただ楽しくラクロスをしたいのか、それとも本気で優勝を目指したいのか」と聞かれ、部員全員の気持ちは本気で優勝を目指す方向に動き始めました。
それ以降練習へ取り組みも今まで以上に熱が入り、1人1人が優勝という目標に向かってひたすら走り続けました。

その結果、秋の大会では優勝はできなかったものの、準優勝という結果で全国大会への切符を手にすることができました。
全国大会では準優勝、たくさんの良い経験ができラクロスで1つの目標を追うことの楽しさを知り、もっともっと成長していきたいと思うようになりました。

そして今、3年生は最後の春の大会の真っ最中です。
私たちはラクロスを通じて沢山の人に出会い、沢山の貴重な経験を通じて、3年間のラクロスライフで多くのことを学ぶことができました。

今までにお世話になった先生方、OGの方々、両親への感謝の気持ちを忘れずに、最後の目標である「関東大会優勝」に向かって、最後の最後まで走り続けます。

拔井愛海(高校3年・部長)